リズ

リズは、『カンタパラミ』に登場するマダガスカルの歌姫、声楽家。27歳、未婚。世界人気歌手一位に登録されている。

どこまでも響き渡るような澄んだ声と美しいロングヘア、その美貌で世界を魅了している。

概要

 

世界トップ10の人気歌手を選ぶサミットコンクールで、不動の1位を誇る。8年前の第1回、4年前の第2回サミットランキングで1位と、全2回とも1位を記録。すべての歌手にとって、神以上の存在。透明感のあるその歌声はマダカスカルの妖精と呼ばれている。

サミットコンクール出場歴を持つ今井未来とは式場で初めて会話をした。その後、文通を始めており、ふたりの親交は世界に知れ渡っている。たまに今井未来に会うために日本に来ており、今井と話すために日本語を勉強した結果、今では日本人と間違うほど日本語がうまくなっている。彼女が今井に惹かれた理由は今井の表現力にあるという。歌唱力は自分に圧倒的に及ばないものの、歌で感情を表現することにおいては自分をも圧倒し、間違いなく世界一であると評している。自分は世界ランク一位ではあるが、表現力や、人の心を捉えて放さない、内から湧きでてくるなにか、それが今井と比べて劣っていることに、多少の劣等感を持っている。今井が38歳、10歳も歳が離れているため、姉のように慕っている。

評価

代表歌/シーリーの都

評論家は、「妖精であるシーリー族の生活を歌ったもの。彼女が歌うとシーリー族が目の前に現れるかのようだ。いやもしかしたら、彼女自身がシーリー族である可能性すらある」と評した。実際、彼女の声は、一般的に人間が出せる声の高さの限度を超えているとも言われたことで、人間ではないというオカルトのような話題が人気となったこともある。