短剣

島の民族衣装の腰に添えられていた剣で、伝統としていまも残っている。長さは30センチほど。8人の少女たちも腰に装備している。農作業をはじめ、日常でなにかを切るときに使えて便利。