【Gmail・yahooメール】フリーメールの危険性と事故率【メール事故】

フリーメールは事故が多いとよく言われている。だが、起きたことがないという人もいる。ふむ、なるほど。

本当に事故は起きているのか? 事故の詳細を見れば、だいたいわかる。

送信者がメールを送信する

相手のサーバーへ到着する

そのサーバー内で消滅させれられる&送信者・受信者に通知はない

ということだ。

ピンと来たひともいるだろう。ここで重要なのは、

事故が起きているかどうかすらわからない、ということだ。

どのようなときに事故がおきるかは不明だが、強力なフィルター機能のせいで起きるということはわかっているので、おそらく添付ファイル、本文の文章、最悪、送信者の名前、署名、いろんな可能性が考えられる。はっきりした答えはない。事故の確率は100分の1という人もいる。充分高い数字だ。

もちろん「いまから送ります」とフリーメール以外の連絡手段で一言予告すれば、事故が起きたときはわかる。

だが、「近日送りますね」というような場合、「そういえばいつまでたっても連絡ないなー」となれば、送ったが、サーバーで消されてしまい、届いていない、ということになっているかもしれない。わからないのだ。事故が起きているのかどうかすら。

わたしの場合、去年2度、作品を送ったが、フリーメールでやりとりをしていた取引先から返信がないことがあった。それぞれ別の団体だ。制作に前向きな団体でいい感じだった。いずれ向こうから連絡があるかもと、いっとき待っていたが連絡はなかった。時間をかけて作ったにもかかわらず、こうなってしまうとさすがに萎える。迷惑メールボックスはだれでも確認するはずだ。ということはサーバーで消されているということになる。その後いろいろ考えたところ、可能性としては、添付ファイルの場合、ファイル内の本文が影響しているか、メール本文の文章、もっと置きやすいのはURLを添付している場合、圧縮ファイル。言い出すときりがないが、ファイル添付もURLもなく、ただの本文だけで送った場合、事故った気配はない。

事故が起きたことがないという人は、もしかしたら、誰かからメールを受けていたかもしれない。それが消えてしまい、送られたことに気づかないままなのかもしれない。これが、フリーメールの危険性だ。もし、その消されたメールが仕事の依頼だったら? それでもう、逃してしまっている。チャンスを。

大手企業に履歴書を送ったが、写真を貼り忘れた、そんな感じだ。

そうならないよう、可能な限り、個別アドレスを持つようにしよう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア

​左下のソーシャルアイコンからどうぞ