大石順子――アマチュアの頂点

『レッドライン』

 

作詞・作曲・編曲:MAYA(シンフォニアグループ)

(Aメロ)
朝の日差しが差しこむ部屋で 僕らいつも笑っていたね
なんでもない日常の残り火が綺麗で

(Bメロ)
怖いものなんてない僕らは旅に出た
デコボコの道でもほどけない 赤い結び目が勇気をくれるの

(サビ)
見えない糸で繋がってる僕らは 誰にも邪魔のできない世界へ
あの海を越えたら風に乗って このまま未来まで抱きしめて

(Aメロ)
水芭蕉(みずばしょう)の道渡っていく君の手を取り
冷たい水しぶきと びしょ濡れの君が笑う

(Aメロ2)
僕らをそっと包みこんでいた風が
恋をするようにいたずらに木々を揺らした

〜間奏〜

(Bメロ)
永遠があるならこのままずっとふたり
神様も切れない神秘のレッドライン

(サビ)
見えない糸で繋がってる僕らは 世界の果てにたどり着いても
終わりが来ないよう固く結んで このまま永遠(えいえん)に抱きしめて

(大サビ)
たとえ赤い糸が切れそうになっても 本当に切れてしまったとしても
何度でも癒着する神秘のハート 神様も防げないレッドライン

(大サビ)
たとえ肉体も魂も滅んでも 何度だって生まれ変わって
何度だってあなたのそばへ行くわ 運命の赤い糸をたどって