タトゥーパ

国土の西側にある民族の街。タトゥーパは「わたしたちの壁」の意。 氷河のそばにある雪国。世界を包む蛇の悪魔「テュポーン」の毒の影響で家畜も植物も死に絶えようとしていたが、大陸最南端、フィヨルドを越えた奥地にいる獰猛な「ユニコーン」が毒を浄化することがわかり、西国の人々は、ユニコーンがゆいいつ心を許すという処女たちを使って、捕獲。街で飼い慣らし、街を毒から守る結界をはっている。